羊の木箱

まずはわたしの、そしてたまたま出会ったあなたの良いひまつぶしになりますように。

DIY沼にはまりゆく花嫁の話-芳名帳編

芳名帳とは?

出欠のため名前を書く紙たち。

以上。

 

しかしこれ、式場で買うと2000円3000円、平気でかかる。しかも中身がバラバラにできない場合は新郎側と新婦側で2冊必要だったりする。

んー、なんか癪だ。好きなデザインもあんまりないし。

 

てことで、描きました。

いろいろブログとかみたんだけど、アルバムに布貼ったりもなんか面倒。

で、とてもシンプルに、描きました。

 

【使ったもの】

○表紙・裏表紙になる板2枚(NTラシャボード)

○中身の紙10枚(黄身がかったタント紙)

○ひも

○中身を書くペン(プロッキー)

○表紙を書くペン(ソリッドマーカー)

○バインダー

 

紙については新宿の世界堂、ひもとバインダーは100均で購入しました。

はじめて使ってみたソリッドマーカーは、いろんな素材にチョークみたいに書ける油性ペン。やわらかい線と発色のよさにはまってしまったんだけど世界堂にも黒しかなかったので、ネットで注文しました。

 

デザインはいろいろ参考にしつつ適当に。最悪まっすぐな線が引いてあればよし!

私は50人くらいの式だったので6枚ほどすこしずつイラスト変えて手描きしましたが、1枚考えればコピーでも印刷でもいい。

 

お絵かきできたら板と紙をパンチで穴開けてひも通して完成です。新郎新婦で窓口が分かれているため、当日はばらしてバインダーではさんで使ってもらいました。

 

とまぁここまできてアレですが結局手間かかるしソリッドマーカー1本300以上したからコスパがいいかと言われたらたぶん悪い。

でもできあがるとちょっとうれしいんだな。

f:id:ntmtn:20180801170541j:imagef:id:ntmtn:20180801170608j:imagef:id:ntmtn:20180801170623j:image